• ロゴスとは
  • グランピング事業
  • ロゴスランド
  • お問合わせ
  • 会社情報
  • Global
  • ログイン
  • プレスリリース
  • home
  • 製品情報
  • 特別企画
  • 月刊ロゴス
  • ロゴスからのお知らせ
  • 店舗情報
  • 会員登録
home > 月刊LOGOS > vol.96 網走パンチライン。
月刊LOGOS
月刊LOGOS
毎年恒例の冬企画ですが、ついに津軽海峡を渡りました。北海道。月刊LOGOSにとっては夏と音楽とフェスと家族の象徴のような土地。そんな北の大地での冬企画なのですから、ワカサギ釣りやホーストレッキング、流氷ツアーとEnjoy Outing!なお目当てが満載だったのでした。そして、旅するということ=人と出会うこと。編集部が出会えた人々の名言(パンチライン)も紹介します。
撮影&MOVIE/関 暁   取材・文/唐澤和也

冬の北海道、しかも網走を目指すのならば、なんと言ってもワカサギ釣りでした。でも、なぜ「数百分の一」という形容がつくかと言いますと、今回お世話になったガイドさんが昨年担当した総数が数百人で、その内1人だけが釣果ゼロだったから。さてさて編集部やいかに?

はるばる来たぜ、網走! ということで、まず訪れたのが、網走原生牧場観光センター。白雪と恐竜のコラボ見学ではなくて……。

ホーストレッキングに挑戦です! ふかふかの新雪の上をぽっくりぽっくり賢い馬に乗ってトレッキングするという贅沢!

高いところから失礼します。こちらが馬目線からの様子。ガイドをしてくれた先頭の佐々木さんは地元の大学で馬術同好会に所属。

うお、こんな林の中までぽっくりぽっくりできるんですね! というか、この瞬間はカッカッカッと小走りでかなりの興奮度!

しかもですよ。2月の流氷の季節と重なったら、海岸線までコースを延ばして流氷ウォッチングもできちゃうそうです。

編集部が訪れた1月25日は残念ながら流氷はまだ着岸しておりませんでしたが、それでもホーストレッキング=最高!でした。

佐々木さん、お世話になりました。馬を落ち着かせる時のかけ声である「ほーよー!」、覚えました!

おまけ。事務所でくつろぐタマちゃん。実は、佐々木さんのほかにも超お世話になった方がいて、その人のパンチライン(名言)は本文にて。

そして、旅は続きます。続いて、編集部が目指したのは、国の重要文化財にも指定されている網走と言えばこちらな……。

博物館 網走監獄! 突然降ってきた雪も天才です。ちなみに、守衛さんは人形ですので「寒そー」と心配してくれた方はご安心を。

網走監獄のはじまりは1890年。囚人は罪人ではありながらも、北海道開拓の功労者でもあることをはじめて知りました。

休泊所、別名は動く監獄。網走監獄から離れた作業時に、丸太などを現地調達して作った宿。ちなみに、取材中ふうの赤ダウンは本誌編集長。

そんな編集長がもっともテンションがあがったのがこちら。大好きな漫画『ゴールデンカムイ』で、のっぺらぼうが収監されていた舎房!

バス停も趣あり。ちなみに、土方歳三が対決した教誨堂も感無量。意味不明な方は『ゴールデンカムイ』を。同漫画ファンの見学者も増加中。

おまけ。博物館 網走監獄はかなり広い敷地を有していて、監獄食堂という気になる施設も。さんま定食とホッケ定食からお好みで。

居酒屋で北の美味を堪能した一夜があけて1月26日。土曜日のこの日、目指したのが網走湖。いよいよワカサギ釣り体験です。

編集長&広報寺園のふたりで設営準備中。地元の方いわく「今日は少なめのお客さん」らしいですが、それでもこの盛況っぷり。

編集部には強力な助っ人が登場。網走や知床のガイドで人気の「オホーツク自然堂」の梅林弘道さん。ワカサギ釣り用の穴を開けて……。

あ、梅林さんは電動でしたが、寺園は手動でぐりぐりと。この日の氷のコンディションだと70〜80cmぐらいのぐりぐりだとか。

こちらは、ワカサギ用釣り竿。仕掛けが6つほど付いているビジュアルが思い浮かぶ読者もいることでしょう。そして、いよいよ!

梅林さんこだわりの特製サシ(餌)を人生初網走湖、人生初ワカサギ釣りのためにドロップした編集部ふたり。

ドロップして1分もしないうちに寺園がヒット! しかもダブルで! 漁師の祖父を持つ天才寺園はその後、1時間半で約50匹をGET!

その頃一方、編集長は、1分どころか5分、10分、20分、30分となにも釣れず。正直、寺園がなにを話しかけてきても右から左状態。

愛鳥家ならば注目しまくるオジロワシの雄姿も一切目に入らず。だってだって、このままでは、数百分の一になってしまうからぁ〜。

そもそも数百分の一ってなんなのか? オホーツク自然堂さんが昨年ガイドした数百人の内、釣れなかったのが1人だけということ!

<俺は数百分の一なのか?><昨年のその1人はおばあちゃんだったらしいし><俺はおばあちゃんなのか?>と編集長は脳内ひとり言中。

ところが40分後から、竿を上げるタイミングを変えたら急に釣れるように! 寺園の最高記録を超えるトリプル(3匹同時)も達成!

結局、編集長は20匹ほどをGET。さっそく「合体できるスキレットM」で、アヒージョに挑戦。

アヒージョ、おいしそうですよね? いや、地元のお野菜であるキノコ類はおいしかったんです。でもやっぱり、ワカサギはこちらの……。

テンプラに限ります! 揚げたてが美味すぎて、即おかわり。なにせ天才寺園のおかげで食材には事かかなかったので(笑)。

網走湖は氷点下20℃まで冷え込むことも。さてさて、ワカサギも堪能できたし、Enjoy Outing!中の人々を取材しまーす。

西田結菜ちゃん(7歳)と弟の健信くん(5歳)。ふたりともはじめてのワカサギ釣りだけど、健信くんはすでに10匹をGET!

田保さんファミリーも絶好調! 50匹目標のところ、もう30匹越えしとりました。友晴くん(9歳)よりもお父さんのほうが楽しそう?

なぜか腕立て伏せをしていた山内くん&今泉くん。大学のサイクリング部の仲間と網走湖へ。「腕立ては寒さしのぎです(笑)」。

1月26日土曜日の網走湖で一番楽しそうでした。釣れてはキャキャ。釣れなくてもキャッキャ。Enjoy Outing!網走大賞に決定!

というわけで、編集部特設サイトにご招待。左から古屋家のあやなさん(15歳)、あゆかさん(17歳)&阿部アムルさん(17歳)。

あやなさんさんが開始1分でGETでキャキャふたたびの3人。そんな彼女たちが気になってるご様子だったのが……。

調理もできる「LOGOS Smart Garden 薪ストーブグリル」。そして次に興味を持ってくれたのがストーブで調理されている……。

石狩鍋ふう。なぜに“ふう”かと言うと、バターを編集長が宿に忘れてきてしまったから。「3層・ステンレス釣り鍋 小」で作りました。

お父さんも一緒に「スペースベース オクタゴン-N」の中で試食してもらいました。「こたつ布団シュラフ12060」も大人気。

Enjoy Outing!網走大賞のみなさまの笑顔のおかげで、編集長も<オジロワシ、かっこいいなぁ>と脳内ひとり言できるまでに復活を。

おまけ。たき火ON網走湖。白い世界と赤い炎がいい雰囲気ですが「釣れすぎて飽きましたね」の寺園の言葉にカチンときました(笑)。

北海道の流氷ツアーは2月が旬として有名です。だがしかし、掲載日を考えると1月末までに取材を終えねばと、ダメ元で「網走流氷観光砕氷船おーろら」の予約をしていたのでした。なのに、なんという幸運! 北の大地に訪れたその日からツアーがはじまってくれたのでした。

翌日の1月27日日曜日も、ふたたびの網走湖へ。ん? 日曜日効果なのか、お客さんが増えているような気がします。

増えとりました。編集部の大好物=家族の笑顔も増えとりました。柊飛くん(9歳)、楓芽くん(5歳)、柚希ちゃん(5歳)。

なぜか「バナナー!」と叫びまくっていた楓芽くん(5歳)と千葉さんファミリー。おそろいの5つの穴まで家族色でした。

この日の朝から流氷ツアーに行く予定もありましたが、網走湖に来てよかった。自分が釣ったワカサギを見せてくれたのは……。

斉藤颯志くん(8歳)。おぉ〜、釣る時のポーズもかっこいいなぁ。ちなみに、かっこいいチェアは網走湖でレンタルしたものだとか。

弟の玲惺くん(6歳)はとにかく元気。ちなみに、ご兄弟の今日の目標は「100匹!」と声をそろえて教えてくれました。

斉藤ファミリーの家族の肖像。お父さんは網走出身ながら「いつか行こうと思ってたら今日になっちゃいました」と 本日が初挑戦!

ロゴサーも発見です。さきほどのチェアはレンタルとのことでしたが、いい感じで使い込まれたこのアイテムは間違いなく……。

ロゴサーでした。昨夜10時からお越しの山田さんは、なんと300匹以上の釣果が!「職業は大工さん。釣りは趣味です(笑)」。

北海道ならではでしょうか。デカゴンユーザーにも遭遇! 飛山さんと仲間たち。「デカゴンで3ヶ月間釣りしてたこともあります」。

そしてそして、今回の表紙的1枚に選ばさせてもらった少年が誰かと言えば、ワカサギ釣りガイドとしてお世話になった……。

梅林ファミリーです。少年の名は龍人くん(6歳)。父と母は、他県からの移住者なので、梅林家唯一の道産子でもあります。

北海道生まれの龍人くんも、それはもう元気。お母さんの代わりにソリを引いてみた編集長ですが、3往復でバテバテに。

さてさて、帰りますか。お世話になった網走湖&梅林さん、ありがとうございました。いざ、流氷ツアーへ。

昨日に続き、この日もよいお天気。青空が見えるという意味では、土曜日よりもよいお天気でした。だがしかし……。

流氷ツアーの前に、もしかしたら流氷が着岸しているところが見えるかもと能取岬へ。網走湖の上の完全なる海沿いなのでめちゃ寒!

あ! 流氷発見! 編集長的には人生初流氷でした。マニアックな話題ですみませんが、映画バットマンの3を思い出しました。

ゴッサムシティという街の裁判がむちゃくちゃで、「追放」か「死刑」で「追放」となってもこんな氷の上を歩かされて死ぬっていう。

海の上は歩きませんでしたが、体感温度マイナス二桁でした。ちなみにさきほどの一文が「ゴッ寒シティ」と変換されて笑いました。

本日のメインイベント「網走流氷観光砕氷船 おーろら」へ。なぜ「幸運な流氷ツアー」かと言うと、つい昨日からのスタートだから。

昨年の流氷ツアー開始は1月28日。見られない可能性は充分にあったわけで、これを幸運と呼ばずしてどうするって話なのです。

さらに幸運なことに、当日思いついてしまい当日お願いしたにもかかわらず、船長室からの絶景を撮影できることに!

壮観! 能取岬ももちろんよかったけど、なんと言えばよいのでしょう。賃貸情報でたとえると「流氷の間取り」が全然違う。

時にはアザラシが氷の上で戯れている姿を発見できたりもするそうです。それでまたこの双眼鏡が高倍率&クリア!

中村船長、突然のお願いなのにありがとうございました。さらに「1階からの眺望も魅力的ですよ」との情報をお聞きして行ってみると……。

目の前というか、目の下というか、飛び移れそうな距離感で流氷がうごめいている姿がみられます。カメラマンさん、寄って寄って!

間近で見る流氷は美しくて怖かったっす。そもそもオホーツクで流氷が見られる理由は、大陸のアムール川から大量の雪解け水が……。

注ぎ込まれるなどの影響で、塩分濃度が低く海水が氷りやすくなっているからだそうです。

いやぁ、ずっと見てても飽きない絶景でした。おーろらの運行予定は4月3日までですので天候状態をチェックのうえ、ぜひ!

幸運な流氷ツアー、これにて終了。思えば、流氷ツアーだけでなく、網走の旅そのものが幸運だったのかもしれません(詳しくは本文を)。

取材後記
「ホーストレッキングとワカサギ釣りとかの旅」
「ホーストレッキングとワカサギ釣りとかの旅」  網走のはじまりは、やけに目線が高かった。
 さくりと音がしそうな新雪の上を、ぽっくりぽっくりと馬でゆく。ホーストレッキングと呼ばれる人気アトラクション。取材時は時期が合わなかったけれど、流氷が着岸する頃には平原部から海岸線までをぽっくりぽっくりとくだっていき、馬上から流氷を眺めるというなんとも贅沢なツアーも人気なのだそう。
 さて、1月25日金曜日の我々の場合。白雪の上をホーストレッキングできるだけで興奮していた我々が、ぽっくりの前に、まず驚かされたのが目線の高さだった。(人生初乗馬が雪の上かよ!)と心の中でビビりながら馬にまたがると、自分の足で雪を踏みしめていた時とまったくもって景色が変わった。子供の頃、上級者になって高い位置に足場をセッティングした竹馬の感覚に近い。
 なのに、まったく怖くない。ドンという名の元競走馬にまたがったのだけれど、見るからに賢い彼はこちらが手綱を握っているだけで、なにもせずとも歩みを進めてくれる。ぽっくりぽっくり、時々、小走り。カッカッカッという小気味よいリズムの小走りでは体が上下に揺れたが、それでも抜群の安心感だった。しかも、あたたかい。馬の体温は人のそれよりも若干高いらしく、ドンの背中のぬくもりがありがたかった。ここは網走。空港近くのレンタカー屋さんでも最寄りの宅急便屋さんでも、地元の人はみな「今日はあたたか。いつもは寒っっっっっいから!」と小さな「っ」をふんだんに使って教えてくれたが、空港に降り立った時点でマイナス4℃。東京人からすれば充分に寒っっっっっい。ホーストレッキング会場に移動してからも、青空がのぞいていたのは一瞬で、グレーな空を雲が覆い、そこそこの吹雪が顔面を叩いた。
 いま振り返ると、この一瞬の青空にも深く一礼せねば、である。
 というのも、このホーストレッキングでお世話になった小西さんが、最初のほうは、まるでやる気がなかったからだ。どれぐらいやる気がなかったかと言うと、こちらが施設に近づいた頃に電話して「10分後ぐらいにうかがいますね」と伝えてから到着したのに馬の用意をしてなかったほど。ホーストレッキングなのにホースゼロって。月刊LOGOSではいろいろな体験をしてきたけれど、さすがにびっくりだった。
 もちろん、小西さんは仕事に対して真摯な人なので、ゼロには真っ当な理由がある。予約段階でも「せっかく来てもらっても天候によっては体験できないかもしれないよ」と告げられていた。当日も僕らが電話したタイミングでは、ホーストレッキングをする周辺は吹雪いていたそうだ。なのに、僕らは来ると言う。でもなぁ、無理なもんは無理だからと小西さんが断ろうと考えていたら、みるみるうちに青空が顔を出す。(あれ? おっかしいな。晴れちゃったよ)。そんなことを小西さんが思っていたかもしれないところへ我々が顔を出して「楽しみでーす」と無邪気に目を輝かせたというわけ。(ま、しょうがねぇか)というのが小西さんの本心だったような気がする。
 そしてもうひとつ。この男を褒めるのはなんだか悔しいけど、カメラマンの関くんのパンチライン(名言)が小西さんのやる気スイッチを押していた。
 その場面はこうだ。編集部3人が各自馬にまたがったところ。小西さんが、少し怒気を孕んで「その格好で馬に乗るのか?」と関くんに尋ねた。関くんはスチール用とムービー用のふたつのカメラを持っていたので、小西さんからすると(危ない。乗馬を舐めているのか?)と感じたのかもしれない。「すみません」とひとこと謝ってから、関くんはまっすぐにこう答えた。
「でも僕、コレがないと仕事にならないんです」
 笑いはしなかったが、あきらかに小西さんの表情が変わった。漢字で表現すると、(男じゃなく)漢が漢を認めた瞬間。その瞬間からずっと、小西さんはやさしかった。まずは、ぽっくりぽっくりの様子を見て関くんが乗馬経験者ということを確認すると、先導してくれていた佐々木さんという女子大生に、あれこれと撮影にプラスになる指示を送ってくれたのだ。途中、そこそこな吹雪で、ふだんなら中断するタイミングでも小西さんはホーストレッキングを続けてくれたし、何度も関くんに「いい写真撮れてる?」と聞いた。
 撮影が終わると事務所で暖をとらせてくれた小西さんは、あつあつのコーヒーをすすめてくれながら「ごめんな。最初やる気なくて」と笑った。野球でたとえると打ちごろの直球なんだけどドまん中すぎて見逃しちゃう、みたいなひとこと。(あ、自分で言っちゃうんだ)と編集部3人は同時に心の内でツッコみ、一瞬の間があいたあとで、僕らは爆笑した。
女ワカサギ師は言った。
「20匹ぐらいから数えるのをやめました」。
女ワカサギ師は言った。<BR>
「20匹ぐらいから数えるのをやめました」。  翌日の1月26日の土曜日は、網走湖で釣り糸を垂らしていた。
 これまた人生初のワカサギ釣り体験だが、ガイドをお願いした「オホーツク自然堂」の梅林さんに事前相談をしている時点で、パンチラインをもらっていた。「数百分の一のワカサギ釣り」である。
 事前の打ち合わせのなかで、昨年度のガイドで、のべ数百人を担当していた梅林さんが、「1匹も釣れなかったのは1人だけでした」と教えてくれた。しかも、その1人はおばあちゃんで、ワカサギが回遊している“湖の底からちょっと上”という感覚がどうしてもつかめなかった故の釣果ゼロだったそうだ。
 今回の特集ではパンチラインを「名言」と意訳しているけれど、「数百分の一のワカサギ釣り」は、文字通りパンチの効いた言葉だった。ワカサギ釣りはおろか、釣りというものの経験がほぼない身とはいえ、そっち側はまずい。数百分の一になるのは、そうとう恥ずかしい。まだ、おじいちゃんじゃないし。
 というわけで、網走湖で釣り糸を垂らす僕は、本誌が大切にしているEnjoy Outing!スピリッツを忘れ、かなり真剣に、もっと正直に言えば、全身全霊でワカサギを求めていた。
 釣り用語では「あたり」と言うのか。ワカサギが餌に食いついてきた「あたり」の反応はあるのだけど、「あわせ」と言う、「あたり」が感じられた瞬間に竿をあげて魚の口に針をかけるタイミングがまったくわからない。「あたり」はあっても釣れない。「あわせ」が早すぎるのか? しばらくするとまた「あたり」はあるけど、やっぱり釣れない。遅すぎるのか? 早いの? 遅いの? そもそも正解を知らないし。そのうち、「あたり」すらあるんだかないんだか、どれが「あたり」なのかもわからなくなる。
 ところがである。向かいに座った広報・寺園は女ワカサギ師と化していた。
 釣り糸を垂らす。「あ、釣れた」。釣り糸を垂らす。「あ、釣れた。2匹一緒だ」ガイドの梅林さんが作ってくれた「いけす」(漁獲した魚を水中に生かしたまま蓄えておくところ)に、次々と釣果を移していく。垂らすと釣れる、まさに入れ食い状態。ものの30分で20匹ほどが「いけす」に蓄えられていった。
 天才かよ……。それに比べて……嗚呼、本誌編集長ってば……。
 待てと暮らせど、ワカサギが釣れやしない。向かいの女ワカサギ師が釣りすぎているせいだと場所を移してみるが、デジャブ状態。ワカサギ様のお姿を拝むことができない。(俺は数百分の一なのか?)(昨年のその1人はおばあちゃんだったらしいし)(ってことは、俺はおばあちゃんなのか?)とネガティブ思考がぐるぐるする。寺園がなにか話しかけても聴覚が絶賛フリーズ中で、彼女の言葉はなにも届かなかった。
 40分ほどがたったころだろうか。心が開き直った。
 とにかくいろいろ試してみようと、「あたり」に対していままでやっていないタイミングで「あわせ」て、糸をまき上げていくと、穴の中の糸がぐるぐるとまわるではないか。一気に巻き戻った記憶が、梅林さんがお手本で釣り上げた時のワカサギの様子を思い出す。これだ。これだった。このぐるぐるしてる生命力はワカサギの必死さだ。(やった!)(ついに!)(いや、焦るな!)。ポジティブ思考がアドレナリンと一緒に脳と体をかけめぐる。
 そして、ついに、とうとう、2400秒ぐらいの格闘のはてに、美しき銀色のワカサギを釣り上げた瞬間は、小学校低学年以来の大声で「やったぁ〜!」と叫んだ。そこからは、釣れる速度が加速し、トリプル(3匹同時釣り上げ)も経験できた。
 結果、1時間半ほどで20匹と数百分の一にはならずに済んだが、女ワカサギ師は同じ時間で50匹以上を釣り上げており、「20匹ぐらいから数えるのをやめました」と、こちらを悔しさで震わせるパンチラインを口にしたのだった。
網走ではじめて会うその人は言った。
「力になりたかったんです」
網走ではじめて会うその人は言った。<BR>
「力になりたかったんです」  時を少しばかり戻して、明日から網走という旅の前日。なぜだかふと不安になることがあった。
 今回の網走の旅では、ホーストレッキング、ワカサギ釣り、流氷ツアーとEnjoy Outing!な体験が目白押しだったので、そのことに対する心配はなかったけれど、ひとつのビジュアルに関して急に不安な気持ちが襲ってきたのだ。それは、網走湖の夕暮れにLOGOSアイテムを使ってたき火の場面を撮影するということ。凍った網走湖とぬくもりあるたき火。素敵な写真になるはずだった。
 ところが、薪の用意をしていないことに思い当たる。北海道にはホームセンターがたくさんあるから、現地調達すればいいやと気楽に考えていたのだが、零下の気温が当たり前の極寒の地で、冬にキャンプをする人なんていない。じゃあ、家庭用の薪を買う人がいるのかと想像すると、本格的な冬の訪れの前に大量に購入するなどの準備しておくものなんじゃないか? 
(もっと早く気づけよ、俺!)と焦りながら網走近郊のホームセンターにもれなく電話するも、すべからく在庫ゼロ。焦りに焦りながら「網走 薪」とネット検索をかけると、ある人のフェイスブックにたどりついた。藁をもすがる思いで電話してみるも、コンテナ売りが基本で、すでにこの冬の薪は完売してしまったと言う。
 けれど、たき火の撮影は無事にどころか大成功だった。深い紺色のとばりがおりた無人の網走湖を照らすオレンジ色の炎は、白い雪も同じ色に染め、美しくもどこか切ない写真となったのには理由があった。
 フェイスブックのその人が、網走のセイコーマートというコンビニの駐車場までわざわざ薪を持って来てくれたのだ。伊藤さんという方だった。その薪を詰め込んだダンボールには、火おこし用に薄皮や細い木まで含まれていて、それはまるで「網走たき火簡易セット」、いや、「網走たき火愛情セット」だった。
 なぜ、見ず知らずの人間にここまで親切にしてくれるのだろう。思うだけでやめておけばいいのに、ホーストレッキングでお世話になった小西さんの影響なのか、ド直球に「なぜ……」と聞いてしまう。伊藤さんは、その理由を少ない言葉で教えてくれた。
「力になりたかったんです。わざわざ東京から網走に来てくれるんだから」
 振り返れば、パンチラインの連続だった網走の旅。
 会話におけるど直球を教えてくれた小西さんは、ホーストレッキングなどのアルバイトだった大学生が東京に就職して長期休暇などで網走に戻ってくると、都会に苦戦している子はその顔を見ればすぐにわかるのだそうだ。
「そういう子には、By way=寄り道をしてみなよって言うことにしてるんだ。東京みたいな都会だととにかく時間に追われるだろ? 俺にはそういう生活が間抜けにみえるからね。なにかに追われるばっかりで“間”がないと間抜けな人生になってしまうから」
 実は、都会的な生活から、網走へと移住をしたのが、ワカサギ釣りでお世話になった梅林さんだった。前職は広告代理店。同級生の奥様と大学生時代から北海道を旅してすっかり気に入り「30歳で北海道に移住する」との目標をたてる。
「大学を出て広告代理店に勤めて、その後、コピーライターになったんですけど、毎日が『終電、間に合うかな?』といった生活サイクルでした。間に合わず徹夜になることもあって、とにかく忙しかった。それで29歳の時に移住したんですけど、いま思うと、言葉にしておくのって大切だなぁと感じます。『30歳で北海道に移住する』と周囲の人にずっと言っていたんですけど、言葉だけで逃げていた時期もあったと思うんです。でも、いよいよ30歳が近づいてきた時に、よし、移住しようって。自分の言葉が背中を押してくれたような気がします」
 ガイドの仕事は最初からうまくいったわけじゃなかった。お客さんが来てくれない時期もあった。それでも、ひとつずつ誠実に仕事を続けていくうちに「オホーツク自然堂」の名は信頼されるようになっていく。

 いつもの旅以上に幸運と出会いに恵まれた網走の旅。
 最後のパンチラインは、今回の旅で一番お世話になったワカサギ釣りガイドの梅林さんが最終日の雑談中に贈ってくれたものだったりする。
「薪ですか? 言ってくれたらうちにもあったのに」
 絶句とはこのことだった。その言葉に、本誌編集長はしばし無言になってしまう。よく考えたら、そりゃそうだ。梅林さんの言葉にも感謝しつつ、わざわざセイコーマートに薪を届けたくれた伊藤さんに申し訳ない気持ちでいっぱいになる。
 でもなぁとも思う。だからよかったのかもしれないと思う。BY WAY=より道したからこそ、素晴らしき写真としてだけでなく、物語としてもあのたき火は僕の記憶に焼きつけられたのだから。


Special Movie
その他の記事を見る
    新人編集ひとり旅 〜令和狸合戦ぽんぽこ!〜
    2020 THE LOGOS SHOW 宣伝部長大集合! 月刊LOGOS増刊号
    WEB版 TOKYO OUTING!
    FUJIROCK FESTIVAL'19 アジアとフジロック

more