• ロゴスとは
  • グランピング事業
  • ロゴスランド
  • お問合わせ
  • 会社情報
  • Global
  • ログイン
  • プレスリリース
  • home
  • 製品情報
  • 特別企画
  • 月刊ロゴス
  • ロゴスからのお知らせ
  • 店舗情報
  • 会員登録
home > 月刊LOGOS > vol.103 FUJIROCK FESTIVAL'19 アジアとフジロック
月刊LOGOS
月刊LOGOS
フジロックを取材しながら、ここ2〜3年感じていることがありました。それは、アジアのお客さんが増えていること。そこで今回は「アジア」特集です! 開催23回目、月刊LOGOSとしては7回目のフジロックにして、新しい風を感じる時間となったのでした。
撮影/三浦太輔(go relax E more)
取材・文/安部しのぶ

用意したのは、アジアの主要10ヵ国の言語で作ったアンケート用紙。果たしてどんな国の人々が来ているのでしょう? いろいろな出会いを期待しつつ会場に足を踏み入れると、右から左から異国の言葉が飛び込んできました。

開催は7月25日の前夜祭と26日〜28日の3日間、新潟県・苗場スキー場にて。キャンプサイト入り口にも中国語と韓国語の表記が。

今年は土日券、3日券が売り切れのため、キャンプサイトも早々に賑わいをみせます。

見たことのないテントもちらほら。今年はかつてないほどさまざまなメーカーのテントが建っていました。

シーシーさんとトジホさん。中国から来たフジロッカーです。「ここはいろいろなものが融合してる場所!」と。

インドネシアから来たジョアニナ・ノフィンダさん。お気に入りの「バティック」(インドネシアの伝統的な布製品)をまとって。

超オシャレなガールたちを発見。中国から来た学生さんで、初のフジロック参加とのこと。「最高!!!」。

会場内へ。今年はお客さんだけじゃなく、出演者もアジア勢が多数。韓国、ネパール、台湾、タイ、モンゴルなどなど。楽しみですね!

イさんとコンさん。韓国のレゲエ・バンド「NST & THE SOUL SAUCE MEETS KIM YULHEE」のライブの最前列でノリノリでした。

トム・ヨーク終わりでは韓国女子をキャッチ。雨の中アンケートに答えてくれました。「日本と韓国、お互い愛し合いましょう!」。

日本のカルチャーが好きで、6月から日本に住みだしたというイ・ソンギョンさん。「フィッシュマンズ、北野武、園子温が好きです」。

台湾フジロッカーのみなさん。フィッシュマンズは台湾でも人気だそう。うしろのテントはLOGOSです。「台湾で2016年に買いました!」。

ん? 「フジロッカーズ・インドネシア」とはなんぞや? あとをついていくと……。

ノリノリのインドネシア人たちに遭遇! みなさん、何人で来てるんですか? と聞くと「30人!」と笑顔で。さ、30人!?

はい。ということでチーム・インドネシアで集合写真。大所帯でございます。「よければインスタ@fujirockers_id見てね!」。

ユニークで気さくな人、多し。すぐに表情を作ってくれます。真ん中のイアン・マイケル・バハルさんは編集者だそう。

「食べる? おいしいよ」とすすめてくれたインドネシアの缶詰。中にはチャーハン的ななにかが入っていました。これキャンプにいいなぁ。

アメリア・フェンディさんはジャーナリスト。はじめてのフジロックに感激していました。「日本はずっとクールでいてください!」。

今年は雨のフジロックです。台風が直撃するかもしれないドキドキ感もあり。どうか低気圧に変わりますように……。

バレンシアのバンドZOOで誰より楽しそうに踊っていたお客さん。フレディ・マーキュリーに似てる! と目がいきました。

インド出身、東京在住で、お友達と参戦。チーム名は「ビーチはどこですか?」。江ノ島で海にたどり着けなかった経験から命名(笑)。

ジャックさんとトゥインクルさんはフィリピンから。雨がザーザー降りのなかスマイルをくれました。全部で8日間滞在するとのこと。

マレーシアとタイのチームも。モットーは「LIVE FAST DIE YOUNG」=太く短く生きる。眼光の強さがいいですね。

今年はアジア特集なのであまり声をかけていませんが、日本人にも素敵な人が。トキタさん(25歳)の渋いオーラにシビレました。

パンダマンはもちろん今年も。おなじみの名物キャラがいるのもフジロックの特徴。アジアのお客さんの名物キャラも今後生まれそうな予感。

伝言ボードにはいろいろなメッセージに交じって「香港加油」=香港頑張れ! の文字が。

いろいろな国の言葉が飛び交っていたり、トゥクトゥク的な乗り物があったり。5年前には見られなかった光景です。

アジアのお客さんを見つけるのに、服にプリントされた文字が役立つこともありました。タイ語、かわいい。

ザ・キュアー目当てで来た、タイのアラフォー女子。なかなかの酒豪。「10年後もこんなふうに、最高の友達と一緒にいたい!」。

インドネシアの幼きフジロッカー。なんですか、このクリッとしたかわいさは……!(悶絶) 

素敵ファミリーをパチリ。お父さんのサトリア・ラマダンさんは6回目のフジロックだそう。職業はバンドのマネージャー。

タイのバンドのライブ中、国旗を掲げながら踊っていたみなさん。タイからのお客さんもかなり多かった! 

タイのチェンマイから来た、アーティスト、DJ、デザイナーのみなさん。日本について不思議に思うのは「他人とお風呂に入ること!」。

「これいいよ。嗅ぐとリフレッシュする」と見せてくれたのは、タイのタイガーバーム的なもの。嗅いだところ、一瞬暑さがやわらぎました。

シンガポールの6人家族。キャンプ泊だったそうで、「昨日の夜は雨ですごく大変でした」と。お父さん&お母さん、お疲れさまです!

今年もたくさんのロゴサーと出会いました。メンテナンスして毎年使ってくれている人、レアものやビンテージを持っていた人、新作アイテムについてうれしそうに語ってくれた人。粋でロックなロゴサーのみなさんをご紹介します!

今年もずらり! LOGOSのレンタルテント「LOGOS ナバホ Tepee 300」と「ベーシックドーム・PLR XL(カモフラ)」が並びます。

キャンプサイト入り口のLOGOSグリル常設エリアにて、BBQを楽しんでいたチームcamp up!のみなさん。

東京から来たキャンプ仲間だそうで、肉を焼く手付きも慣れたもの。「このグリル、いいですね。3日間使い続けます!」。

母と娘のほのぼのとした光景にキュン。レンタルテントよりもひと回り大きい「LOGOS ナバホ Tepee 400」を使ってくれています。

東京からお越しの金上家。虫取りに夢中なはなちゃん(6歳)とお母さんの爪はおそろいです。「この子を連れて来たのは 2回目ですね」。

「ティピーは家族3人でゆったり使えます」とのこと。ちなみに奥さんと旦那さんがはじめて出会ったのもフジロックだそうです。

数年前に発売したオレンジ色のティピーも健在。キャンプサイトの中でも目立っていました。

フジロックで時々見かけるビンテージのテント。くすんだブルー&エンジの配色が最高! 個人的に、ぜひ復刻してほしいアイテム。

新製品の「LOGOS Life コンパクトバケットチェア(ブラウン)」を発見! 「座り心地最高です!」とかっきーさん。

おお、こちらもフジロックではなかなか見ないアイテム。「パタントチェア S(ネイビ)」。アウトドアからデイリーまで使い倒せる一脚。

大阪からお越しの安野さん。「テーブル代わりにしたり、めちゃくちゃ使ってますよ! これの大きいのも持ってます」と。

「台風接近に伴い強風が予想されます。各自テントの補強をお願いします」と張り紙が。テントがダメージを食らいませんように。

ビール、日本酒、ハイボールと各種取り揃え、LOGOSチェアでまったりの平林夫妻。「稼いだお金はフェスに消えます(笑)」。

チーム中本さん、2年ぶりの再会。「昨年の台風でポールが折れて、LOGOSで直してもらいました」。今年は無事だといいですね!

空気を入れるだけの「エアマジック ドーム M-AH」の早建て大会が今年も。LOGOSの新入社員・松尾くんVSお客さんはお客さんの勝ち〜!

屈強な松尾くんも連戦でヘトヘト。続けて香港のプレスカメラマンさんにも敗北していました。最後は仲良く写真撮影!

かわいいロゴサーを発見! 埼玉からお越しの塗矢虎之介くん(8歳/写真左)。はじめてのフジロックで三兄弟のテンションもUP。

虎之介くんは「サーマウント15」を愛用。かなり使い込んでくれていました。「習いごととかに使ってるよ!」。

LOGOS Memories Rain Poncho for KIDS(Flamingo Hotel)」とカモフラのポンチョも発見。愛知からお越しの鈴木家です。かわいい!

2日目は土砂降りにより、レインウエアを着てくれているロゴサーのみなさんとわんさか出会いました。

葉月さんは今年からフェスデビュー。「フジロックでポンチョを新調して。スポーツオーソリティで買いました」。

静岡から来た入村夫妻は、奥様がLOGOSのレインウエアを着用。「フェスの時に重宝してます!」。

珍しいチャックタイプ。「たぶんメンズじゃないかも? ガチのやつでもなさそうな感じで。でも、これでなんでもいける!」とナリさん。

3日目の朝。昨晩は大雨でテントが流れてきて大変だったそう。「避難したほうがいいかなと思いつつ、カップ麺食べてました(笑)」。

娘さんと一緒に参戦した小林高千保さん。「このクーラボックスは三年使ってます。たためるから家での保管も楽で」。傷がいい感じ!

フェス仲間の山中ビレッジのみなさんは、テントとキャリーカートを所有。「このテントは前室で全員がたまれるので、ありがたいです」。

フジロック10回目のベテラン星野さんは、キャンプサイトでは絶対に木の下を狙うそう。「木の下は涼しいからいいですよ。服も干せるし」。

古いテントを見かけました。このマーク、懐かしい〜。いまはなきplasaシリーズですね。

「8年前から年に20日は使ってるけど、全然壊れないですよ!」とたけちファミリーのみなさん。愛用してくれて感謝です!

4人姉弟と父と母とでパチリ! チェアとベンチを使ってくれていました。「ベンチはテーブルにもなるからいいですね」とお父さん。

東京のつむぎファミリーです。「一番下の子が3歳で全然歩かないので、今年のフジロックは一番大変かも。来年から楽になります」。

次女いつくちゃん製作、アメリカカブトムシ。キッズランドで作ったそうです。よくできてる!

ラストは”ケビンと仲間たち”のみなさん。前夜の豪雨で靴を流され、現地で「コンパクトレインブーツ」をGET。来年は晴れますように〜!


アジアのフジロッカーに聞きました
Q:FUJI ROCK FESTIVALの感想は?
■ 史上一番ハード! でも、史上一番おもしろい(シーシーさん/中国)
■ おもしろい人がたくさんいる。みんなかわいい(トジホさん/中国)
■ 自然と密接した音楽の旅(クラウディア・リーさん/中国)
■ 死んでもいいくらい楽しい(イム・スビンさん/韓国)
■ めちゃくちゃ会場が広い。自然との関わりがすばらしい(コン・テヨンさん/韓国)
■ アジアで一番の音楽フェス!(リョウ・イェンホンさん/台湾)
■ 雨が多い。人が多い。印象的なブースが多い(ツォン・ツォンリンさん/台湾)
■ 忘れられない経験(アメリア・フィンディさん/インドネシア)
■ 音楽、アート、自然→→→→台風!!!(シリガーン・ソムヌックさん/タイ)
■ よかったけど、雨が少し多かったかなあ^-^(ポッジャーニー・プーギンナーさん/タイ)
■ すごく清潔(ティダ―・チャイランシーさん/タイ)
■ 最高! でも、シャワー室を増やしてほしい(ナンニチャー・シーウットさん/タイ)
■ 冒険の場所(アイリン・エスエムティーさん/タイ)
■ PEACE!(シー・ウォンさん/マレーシア)

Q:好きな言葉を教えてください。
■ 人生を楽しもう。NO FUJI ROCK, NO LIFE!(サティシュ・クリシュナンさん/香港&インド)
■ Happiness is only real when shared.
幸せは、誰かと分かち合ってはじめて現実になる――映画「イントゥ・ザ・ワイルド」より
(ジョアニナ・ノフィンダさん/インドネシア)
■ Time flies.
時間はあっという間(シーシーさん/中国)
■ 七転び八起き(イ・ギファンさん/韓国)
■ The love you take is equal to the love you make.
結局あなたが得る愛は、あなたが与える愛の量に等しい――ビートルズ「ジ・エンド」より(コン・テヨンさん/韓国)
■ 良識をもってこの世界を見る(ツォン・ツォンリンさん/台湾)
■ Be water, my friend. 
水のごとく生きろ――ブルース・リーの名言(イェン・ロォウアンさん/台湾)
■ TABIK! ※インドネシア語で「おはよう」「こんにちは」の意(サトリア・ラマダンさん/インドネシア)

Q:自分の国の好きなところ/嫌いなところは?
■ 好き=多彩な文化。探検できるきれいな自然がたくさんあるところ。嫌い=渋滞とゴミ(ジョアニナ・ノフィンダさん/インドネシア)
■ 好き=食べ物。安全なところ。嫌い=保守的なところ(シーシーさん/中国)
■ 好き=便利。チャンスがたくさんある。家族が近くにいる。嫌い=自分の気持ちに正直でいたいけれど、やっぱりまわりの目を気にせざるを得ない(タジホさん/中国)
■ 好き=便利なところ。嫌い=人が多すぎる(レックスさん/中国)
■ 好き=熱いおもてなし。団結。やさしい心。嫌い=公共の場がうるさい時がある(クラウディア・リーさん/中国)
■ 好き=人間。嫌い=人間(イ・ギファンさん/韓国)
■ 全部好きだけど、日本との関係において溝が深まる感じがするのは心苦しい(コン・テヨンさん/韓国)
■ 好き=便利な交通と食べ物。嫌い=流行に敏感すぎる(イム・スビンさん/韓国)
■ 好き=友達。嫌い=なし(イ・ソンギョンさん/韓国)
■ 好き=清潔さ。嫌い=政治(ワルダ・ビンディ・ラシッドさん/シンガポール)
■ 好き=文化。嫌い=渋滞(アメリア・フィンディさん/インドネシア)
■ 好き=料理の数が多い。嫌い=不潔(イアン・マイケルさん/インドネシア)
■ タイ人は自分勝手だけど、思いやりがあっていつでも許しあえます(シリラック・ソムヌックさん/タイ)
■ 好き=食べ物がおいしい。気楽でなんでもアリ。自然が美しい。嫌い=秩序がない。環境を大切にしない(シリガーン・ソムヌックさん/タイ)

Q:10年後、どうなっていたいですか?
■ 家族と幸せにすごす(サティシュ・クリシュナンさん/香港&インド)
■ いまよりもよくなりたい(ランジャン・ジャジョディアさん/インド)
■ ノープラン!(アイリン・エスエムティーさん/タイ)
■ 島に住む(シー・ウォンさん/マレーシア)
■ もっとクリエイティブな自分になりたい。いろいろな国の文化にもっと触れたい(ジョアニナ・ノフィンダさん/インドネシア)
■ 若いままがいい!(シーシーさん/中国)
■ 自分をがっかりさせない自分(トジホさん/中国)
■ 裕福で、楽しい自分(レックスさん/中国)
■ 好きな仕事をして、安定的な収入を得て、家族と一緒にいたい(クラウディア・リーさん/中国)
■ 今日みたいな楽しい自分でいたい(イ・ギファンさん/韓国)
■ 奥さんと子供たちとフジロックに参加する!(コン・テヨンさん/韓国)
■ 思いつかない!(イ・ソンギョンさん/韓国)
■ 心も体も若く、健康でいたい(ツォン・ツォンリンさん/韓国)
■ お金持ちになりたい(アメリア・フィンディさん/インドネシア)
■ いい人になって、いまよりもっと人のためになることがしたい(シリラック・ソムヌックさん/タイ)
■ 田舎に引っ越して、農業がしたい(シリガーン・ソムヌックさん/タイ)
■ ずっとこんなふうに、最高の友達と一緒にいたい(ポッジャーニー・プーギンナーさん/タイ)
■ やりたいことがなんでもできる人になっていたい(ティダ―・チャイランシーさん/タイ)
■ 世界一周旅行をしたい(プンパン・ウォーラヌットスントーンさん/タイ)
■ イラストを描くアーティストになりたい(ナンニチャー・シーウットさん/タイ)
■ どうにでもなれると思うから、よくわかりません(トェート・ポンジンダーさん/タイ)

Q:日本という国、または日本人について「不思議だなあ」と思うところは?
■ 年齢関係なく、さまざまな人間がうまく融合している(シーシーさん/中国)
■ とっっても礼儀正しい。とっっても清潔(トジホさん/中国)
■ 静かなところ(レックスさん/中国)
■ 物事が怖いくらいまでに整理されている(笑)(クラウディア・リーさん/中国)
■ 日本のコンビニの食べ物は、なんであんなにおいしいの!(ゾーイさん/中国)
■ 老若男女かかわらず、ポケモンGOを楽しんでいる姿(イム・スピンさん/韓国)
■ ゴミがないところ(イ・ソンギョンさん/韓国)
■ 礼儀正しい。物事へのこだわり、努力がすごい(ツォン・ツォンリンさん/台湾)
■ 買い物をすませたら、店の出入り口まで店員さんが見送ってくれる!(イェン・ロォウアンさん/台湾)
■ みんなルールにちゃんと従うこと(ランジャン・ジャジョディアさん/インド)
■ 英語ができない人がたくさんいる。でも、文化はすばらしい(ジョアニナ・ノフィンダさん/インドネシア)
■ 並ぶことが好きなところ(サトリア・ラマダンさん/インドネシア)
■ 日本の人はどうしてそんなに子供たちのしつけをよくできるのでしょうか…(ジュニザム・ビン・ジュマットさん/シンガポール)
■ イスラム教徒への気持ち。複雑な思いを抱えていないですか? 受け入れることができますか?(ワルダ・ビンティ・ラシッドさん/シンガポール)
■ ひとつの目標に向かって、みんなで一生懸命同じことをするところ(シリラック・ソムヌックさん/タイ)
■ 秩序があること(ポッジャーニー・プーギンナーさん/タイ)
■ タイ人よりもパクチーをたくさん食べること(ナンニチャー・シーウットさん/タイ)

Q:日本の人たちにメッセージをお願いします!
■ 一緒に頑張りましょう!(トジホさん/中国)
■ アイペイとWeChatで支払えるところをもっと増やしてほしい!(レックスさん/中国)
■ 台湾と日本の友好関係がこのまま続きますように(リョウ・イェンホンさん/台湾)
■ フジロックを開いてくれてありがとう(イェン・ロォウアンさん/台湾)
■ 他人と同じではなく、自分らしくいよう!(シリラック・ソムヌックさん/タイ)
■ 日本には秩序があって本当によかった^-^ (ポッジャーニー・プーギンナーさん/タイ)
■ 会えてうれしい!(ティダ―・チャイランシーさん/タイ)
■ ストレスを溜めないでね (ナンニチャー・シーウットさん/タイ)
■ あなたたちは本当にすごい!(トェートポン・ポンジンダーさん/タイ)
■ 外国のおもしろさや文化にたくさん触れていきましょう(ジョアニナ・ノフィンダさん/インドネシア)
■ Ganbatte!(ガンバッテ!) (サティシュ・クリシュナンさん/香港&インド)


その他の記事を見る
    WEB版 TOKYO OUTING!
    FUJIROCK FESTIVAL'19 アジアとフジロック
    JOIN LIVE 2019 featuring女子
    初体験★お出汁BBQ

more