home > 月刊LOGOS > vol.82 春を追いかけて。 (完全版)
月刊LOGOS
月刊LOGOS
それは、2017年の4月のことでした。東京・上野恩寵公園から春を追いかけて北上する。桜はもちろん、各地の風情や人々で出逢いまくる。「アウトドア誌上体感マガジン」がコンセプトのPAPER LOGOSというフリーペーパーでの企画だったのですが、限られた誌面では紹介できないことがたくさんあったのでした。そこで、完全版。なかなか桜に出逢えず焦った山形県から、ガス欠間近で恐る恐る車を走らせた青森県まで。いざ、春を追いかけます。
撮影/関 暁   取材・文/唐澤和也

当初の目的地は秋田県でした。ところが事前リサーチをしていた「桜が美しい(はずの)キャンプ場」は桜など1本もなく「ざっぱーん」と日本海の荒波の音が聞こえるばかり。さぁ、どうする? 動きました。そして、出逢いました。馬渡の桜(写真)と粋でやさしい山形の人々に。

4月2日。春を追いかける旅、その始まりは上野からでした。石川啄木の有名な言葉に背中を押されつつ、いざ、上野恩寵公園へ。

が、しかし、開花予報とは裏腹に上野恩寵公園の桜の状況はいまひとつ。西郷(せご)どんも心なしか寂しそう。

日を改めて、再度訪れることにしたのですが、駅の近くで演歌歌手の方と遭遇。聞いていたラジオのイヤホンを外して聞きいる人も。

てなわけで、4月6日。早朝からふたたびの春を追いかけて。バックパックの若者は、自分に合う町を追いかけて全国を旅していました。

さてさて4月20日。山形県の庄内空港へ。ここから秋田県の某キャンプ場を目指します。

ふつうにテント泊してもなんなので、桜が咲いているキャンプ場を事前リサーチで厳選。あ、写真はまずは腹ごしらえの図っす。

と・こ・ろ・が! 「ひとっこひとりいない」なんて表現がありますが、そのキャンプ場は「さくらっこひとひらもない」状況。

テント泊はあきらめて近隣の桜の名所を目指すも、昨夜の強い風ですでに散ってしまっており……。

どうする? 俺たち? 予定を変更して山形県へ。合言葉は「下へ」。少しでもあったかい場所を目指して日本列島を下がることに。

で、見つけました。あったかい場所であったかい物。鶴岡公園で湯気をたてていた山形県名物「玉こん」。適度にしみた出汁が超美味。

屋台のおじさんもまたいい味だしてる方でした。本業は自転車屋さんで年間35日だけ屋台をだしているとか。

「なんで35日間だけやってるかって? この味を待ってる人がいるからじゃん」とのおじさんの言葉にぐっときました。

そして、おじさんが屋台をだしているということは桜も見頃ということ。地元の高校生たちもEnjoy花見中!

彼女たちは合唱部で、師匠(先輩)が弟子(後輩)をお花見に連れていくというユニークな伝統を受け継いでおりました。

春を追いかけるはずがピンチを追いかけるアドリブの旅は続きます。テント泊を中止して鶴岡市湯田川温泉の宿へ。

急な宿泊につき夕食はでず、ならばと暖簾をくぐった居酒屋さんでまたまた偶然の出逢いが。鶴岡市長の榎本政規さん!

そして、翌朝。宿から少しのぼった小高い公園からのぞむ金峰山(たぶん)には雪が残っておりました。

その公園にも見事なしだれ桜が。追いかけずとも春はそこにあり、冬と春が一緒に存在しているという当たり前のことを再確認。

なーんてことを書くとかっこよさげですが、実はかなり二日酔い。飲んだなぁ、楽しかったなぁ、市長と仲間たちの酒席。

楽しかっただけでなく、ありがたくもあった出逢いでした。市長の仲間が絶好のお花見スポットを紹介してくれ、青空の下でピクニック。

映画『おくりびと』のロケーションにもなった「馬渡の桜」にて。山形編冒頭の桜も同地のもの。写真は、桜守の佐藤功さん。

そして、春は桜だけにあらず。昨日はじめて獲れたサクラマス。地元の人はあんかけそうめんにして食す春のごちそう。

由良の漁港にもお邪魔しました。サクラマスは定置網漁と呼ばれる漁法で獲るのだとか。昨日までは海が荒れており、久しぶりの大漁!

先輩たちは「昔はロシアの-40℃の海で漁をしたよ」と語るツワモノでもありました。ん? 写真中央の先輩のカッパはもしかして……。

LOGOSの姉妹ブランド「マリンエクセル」じゃあーりませんか! 適切な言葉ではないかもですが、ありがとうございます!

いやぁ、こんな偶然もあるんですね。そして、山形の旅は続きます。銀山温泉へ。爆音に引き寄せられて近づくと滝に雪解け水が。

冬が溶けて、春が芽吹くの図。銀山温泉は大正を感じられる家屋が素晴らしく、温泉もご飯も美味。おすすめです。

そして、花笠踊り発祥の地としても知られています。その始まりもまた、大正の時代。上町流、安久戸流、名木沢流など5つの流派が。

地元では幼稚園から花笠を教わる。唄のはじまりは人造湖を作る作業時のものだったので、踊りにも「日差しや雨をよける」動きが。

この日、花笠踊りを披露してくれた尾花沢市役所商工観光課のみなさま。「川の水の量が増えると春が来たなぁと思います」。

最初はどうなるかと思いましたが、山形への春を追いかける旅は忘れられないものに。漢字で書くと「有難い」旅でした。

山形編で「学習した」編集部は、無理に桜を追いかけるのをやめました。そして、思い出したのです。「Enjoy Outing!」というLOGOSの合言葉を。気温5度と冷え込んだ日本海沿いのキャンプも、ガス欠に怯えながらのドライブもすべてが名場面となったのでした。

4月28日、青森へ。青森と言えば弘前公園! 詳しくは本文に譲りますが、どうしても逢いたい人がそこにいて……。

弘前公園4代目桜守の橋場真紀子さん。同公園独自の育て方が有名ですが、春の訪れは桜の香りで「やっときたなぁ」と感じるそうです。

ソメイヨシノに匂いはないと思っていたけど、実は朝一番はほのかに香るのだそう。そして、弘前公園の桜は超見頃!

てなわけで、日本を代表するお花見スポットでロマンチックな夜桜を(おっさんふたりでだけど)。

さすがは弘前公園。お花見中に飛び交う会話は、地元の方のものから東京の標準語までさまざま。で、ちょっぴり寒かったっす。

というわけで、ここでもあたたかいものを。花よりだんごよりおでん! 「早く撮影終わってくれ!」と割り箸の勢いが代弁中。

山形編に続き青森編でも晴天続きが有難し。そして旅は続きます。世界遺産として知られる白神山地へ……。

残雪トレッキング! 景観よし、空気よし、木のまわりにサークルあり。春が訪れると真っ先に木のまわりから雪が溶け出します。

流れるせせらぎにも春の息吹が。つらら状に凍っているところもあるっていうのに、山菜強し。で、けっこうハードな道行でした。

ガイドをお願いした山田兼博さんはさすがの健脚。……と思ったら、けっこうしんどそうな顔をしておりました(笑)。

青森編ではぜひともで訪れたい場所がありました。上野公園でたまたま出逢った方の出身地である「五所川原」へ。

そんな五所川原で出逢った運転手さんは「春がきたってか? そりゃあ、タイヤをはきかえた時さ」。うーん、プロフェッショナル!

五所川原には「津軽三味線会館」というおすすめスポットが。この日は、師匠の工藤満次さんと弟子のまんじ由佳子さんが演奏を。

ダメ元で桜の木の下での撮影をお願いしたところ快諾を。師匠いわく「三味線は同じ曲でも春と冬とではまったく違って聞こえます」。

津軽三味線会館は、津軽鉄道線「金木駅」から近いのですが、この鉄道がまたいい感じ。さっそく乗ってみると……。

いたるところに春はあったのでした。地元の高校生は野球の部活が終わったところでした。

駅の待合室にも、やさしい春の木漏れ日が。でもですね、なんといっても春を感じたのが……。

津軽鉄道線沿線の桜の名所として知られる芦野公園近くで、桜と電車のコラボを写真に収めようとしていたファンのみなさま!

そんな芦野公園での大宴会の様子がこちら。ぴたりと揃えられた靴がTHE日本人然としていて素敵っす。

その夜はテント泊OK&桜がいい感じのスポットで宿泊を。桜越しに見える星空を絶景と呼ばずしてなんと呼ぶのでしょう。

翌日もキャンプっす。人生初の海岸沿い(しかも日本海沿い!)キャンプにワクワクしながら夏泊地区を車で走っていると……。

ふらりと立ち寄った釣り堀の釣果にホタテがあることにびっくり。さらに、いとも簡単に釣れちゃうことに2度びっくり。

私事で恐縮ですが、好きな食材NO.1はなにかと聞かれたら間髪入れず「ホタテ!」と叫びます。人生初の自分で釣ったホタテ、超美味。

あまりのおいしさに旅の相方におすそわけするのを忘れてひとり占めするほど、うまし。そしておっさんふたりにはもったいない絶景。

人生に感謝する瞬間。それは、旅の相方が料理上手であるということ。本日のシェフのメイン料理はタラの芽とイカのペペロンチーノ。

人生をちょっぴりうらめしく思う瞬間。それは、テント泊したその場所がすんげぇ寒かった時。この夜は春なのに5℃!

いやぁ、寒かったっす。それでも陽はまたのぼり、あたたかに。朝、鯛を釣るために沖に出るふたり組を見送りつつ、旅は続きます。

八戸の蕪島へ。毎年3月から8月までウミネコがやってきて子育てするのだとか。その数なんと3万〜4万羽。圧巻の春!

ふらりとデイキャンプもしちゃったりなんかして。今回の旅で大活躍してくれたのは「グランベーシック BIGオクタゴン-AG」。

八戸の夜では、珍しくバーに行っちゃったりなんかして。そのマスターが桜をテーマにカクテルを作ってくれたりなんかして。

そして、青森の旅は佳境を迎えます。三戸郡南部町。春と言えばお祭り。この集落のお祭りを取材に訪れたのですが……。

まず、逢いたかったのが桜守の川井健一さん。次の世代のために仲間とともに桜を植樹している。その数なんと2000本!

日本各地のほとんどの桜がボランティアによって守られているんだなぁ。そして、南部町のお祭りが始まりました。

着飾った子供たちが神社を目指して練り歩きます。この少年少女たちが大人になった時、川井さんたちが植えた桜を眺めることでしょう。

そして、舞台では地元の高校生による「名農豊穣太鼓」が。気温も26℃まであがり、熱い演奏にテンションもあがる。

今日の出来はと聞くと「85点。ちょっと早かったから」。彼女たちは平成16年に創部された「郷土芸能部」に所属している。

その頃いっぽう編集部は、特別な許可をいただいてお花見BBQを。しかも、八戸の夜に知り合った地元女子がゲストです!

実はあの夜、桜のカクテルに感動して、バーのマスターとスタッフだけに「よかったら」とお酒をすすめたのですが……。

なぜか店のお客さん全員から「ごちそうさまです」と言われ(あ、そういうことね?)と自腹で全額おごるはめになったのですが……。

そのうちのふたりの女性が特別ゲストとして南部町に来てくれ、食材も地元のおいしいものを集めて来てくれたというわけ。

というわけで、あやのさん&いずみさん、有難う! 田子牛も美味でしたが、その場でさばいてくれたホヤ、最高でした。

南部町のお祭りで旅は終わるはずだったのですが、飛行機までの時間があったので、ぶらりとおまけ旅は続きます。

空港近くの寺山修司記念館の裏手にも、見事な春が咲き誇っていました。

そして、春の訪れを告げまくる大きな鯉のぼりも発見。周辺にはキャンプ場もあったので、次の機会にはテント泊をしてみたいっす。

寺山修司はこんな言葉を残しています。「さよならだけが人生ならば また来る春は何だろう」。けだし名言。再見、青森!

そして、また来る春を待ちわびているみなさまへ。今年も(アドリブ&トラブル感満載な)月刊LOGOSをよろしくお願いいたします。

LOGOSアイテムが10%OFFになるなど、お得な「LOGOS FAMILY」については、HP特設ページをCheck!

取材後記
「春を追いかけて」
「春を追いかけて」  旅のはじまりは、火サスだった。
 春を追いかけるのなら桜でしょと「お花見キャンプ」ができるキャンプ場を秋田県で探しておいたはずなのに、たどり着いたその場所には桜の木どころか花びら1枚すら舞っていない。すぐ近くで「ざっぱーん!」と日本海の波の音がする。この場所に名優たちが立ちさえすれば『火曜サスペンス劇場』、通称火サスである。いまにも事件が起きそうだったのは、4月20日のことだった。
 いや、すでに事件は起きていた。
 事前にキャンプ場への撮影許可は済ませていて「桜は見頃ですかね?」「はい。いい頃合いですよ」なんてやりとりも交わしていたのに「ざっぱーん!」って。おそらく担当の方はそのキャンプ場ではなく、近くにある公園の桜の開花情報を教えてくれたのだろう。まぁ、キャンプ場は火サス状態でも桜さえあればいいやと公園に行くと、肝心の桜は半裸状態。前夜の強風で、ちょうど満開だった桜が散ってしまっていた。
 どうする? 俺たち?
 この手のピンチで頼りになるのは、グーグル先生(マップ)だ。秋田県で一番早く桜が開花する勢至公園がヒットし、車を走らせた。
 だが、しかしである。
 勢至公園でタコ焼きを売っていたおばちゃんが寂しそうにこぼす。
「誰も来ね」
 昨日の強風は、勢至公園の見事な桜もすでに吹雪かせてしまっていた。お目当ての花見客がまったく現れず、おばちゃんも途方に暮れている。
 どうする? どうする? 俺たち?
 タコ焼きを1箱買い、おばちゃんに近隣の桜情報を聞くも、秋田県内の桜の名所は早すぎたり遅すぎたりとどうにもタイミングが悪い。
 こんな時はデジタルではなくアナログ、別名野生の勘に限る。  
 そうだ山形、行こう。
 日本海沿いだった秋田県の目的地よりも、山側に位置する山形県の鶴岡公園ならば桜もいい感じかもしれない。車で約1時間半と移動距離もさほどでもない。
 というわけで、いざ、山形へ。
 順調に鶴岡公園へと到着すると人が行き交っていて、ほっとする。ドライブ中は、歩いている人がほとんどいなかったのだ。なのに鶴岡公園には屋台が立ち並び、大勢の人でにぎわっている。桜はと視線を上げると満開だった。
 春という季節に桜が咲き誇る姿を待ちわびる人は多いだろうが、鶴岡公園のピンクの花を目にした時の我々ほどに感動した者はいなかったはずだ。有難い。ひらがなではなく漢字でそう思う。
 公園内を歩いてみると、授業が終わったのか学生服姿の花見客も多い。城下町特有のほのぼのした雰囲気が心地よい。
 鶴岡名物のきんつま焼きを出店していた屋台のおじさんが言う。
「春が来たなぁと感じるのは、いまだね。お店を出してる時に、やっぱり春を感じるよ。でもさ、年間で35日しかお店を出してないからこれだけじゃ食えない。本業は自転車屋さん。なんでやってるかって? この味を待ってくれてる人がいるからじゃん」
 おじさんが「お金じゃ買えない」と胸を張るその出汁は、クロダイの稚魚を自分で釣ってきて作るのだそう。その日の気温は9℃と肌寒かったけれど、できたて熱々のきんつまで身も心もあたたまる。
トラブル転じて有難き出逢い。
映画のロケ地にもなった「馬渡の桜」へ。

 夜は湯田川温泉へ。
 人と同じで街にも相性というものがある。鶴岡という街が気に入ってしまった我々は、翌日も鶴岡で春を探すことにしたのだ。あてはなかった。適当にもほどがあるけど、このぶらり感が、ある出逢いを呼び込むことになる。
 急遽予約した温泉宿は、宿泊は可能だが、いまからだと夕食が準備できないと言う。だったら晩ごはんは外でと温泉街を散策して、「焼き鳥居酒屋ひで」という雰囲気のよさげなお店を選ぶ。大将も女将さんも看板娘のふうちゃんも気さくな人たちで、春を追いかける企画の参考になればと地元の桜スポットを一緒に考えてくれたりした。
 そこにひとりの男が現れる。
「はい。私が鶴岡市長です」
 実際はそんなことは言っていなかったけれど、まるで志村けんさんのあのフレーズのような軽やかさで鶴岡市長の榎本政規さんが現れたのだ。そこから先のことはよく覚えていない。市長の友人たちと酒席となったからだ。
 翌朝は6時ぐらいの電話で起こされた。こんなに朝早くから誰だよと二日酔いの頭を抱えながら電話に出ると、貫禄のある声の主がこんなことを言う。
「桜守の佐藤さん、大丈夫だから」
 一瞬にして記憶が巻き戻る。お酒の勢いを借りた昨晩の僕は、地元の桜守の方を紹介してもらえないかとダメ元でお願いしていたのだ。「だったら佐藤さんがいい。俺が明日連絡してみる」と押井さんという方が快諾してくれ、この日の早朝から桜守の方の予定を調整してくれたのだ。
「有難うございます」
 僕は電話口で深く頭をさげた。その場のノリで済ませてもよかったはずなのに、押井さんは労を惜しまず早朝から動いてくれた。
「なんもない。縁だから」
 押井さんは、恩着せがましく言葉を続けることもなく、あっさりと電話を切った。なんもないとは、この地方の方言なのだろう。前後の文脈から「そんなこと気にするな」と受け取れて、ぐっとくる。
 さらに、もう一本の電話が鳴る。市長のスタッフからだった。
 同じく昨夜の酒席でのこと。日中に見かけた高校の弓道部の生徒たちが凛としていて春を感じたので、なんとか取材できないかとこちらもダメ元でお願いしていた。「残念ながら今日の今日では無理でした」と電話の向こうで申し訳なさそうな声がする。市長もまた忙しい公務のなか、取材ができるように動いてくれていた。僕はもう一度、頭をさげた。
 さて、桜守である。
 桜守という言葉の解釈には諸説あって、樹木医の資格を持っていて桜をケアする人という説や、自称ではなく他薦だとする解釈などがある。
 その伝によれば、佐藤功さんは、後者の桜守ということになる。本人は「桜に好かれちゃっただけ」と謙遜するが、2011年から、ボランティアでこの町の桜を守り続けている。それはもう見事だった馬渡の桜もそうで、佐藤さんと出逢えなかったのなら山形編を代表する一枚を撮影することは叶わなかった。佐藤さんの話では、日本の花見の名所のほとんどが、市民のボランティアで維持されているらしい。
 そう言えばと、僕は故郷のことを思い出す。
 100世帯以上が住まう平屋の県営住宅だった。昔で言えば貧乏長屋的集落だったが、のべ7個あった小さな公園のうち、僕の家の前にあったB棟用の公園だけに桜が植えられていた。県営住宅なので行政の仕事だったかもしれないが、1本だけという不公平さが県っぽくない。中学生の頃、父親にその疑問をぶつけると「俺が植えた」と言う。そういうことで冗談を言うタイプではないからなんとなく納得してしまったけれど、なぜ、親父は桜を植えようと思ったのだろう。そして、目の前の春を追いかけていたはずなのに、過去の思い出をさかのぼっているのが不思議だった。
 こうして山形編は幕を閉じる。
上野公園で五所川原出身のその人は言った。
「青森の春は弘前公園に限るよ」

上野公園で五所川原出身のその人は言った。<BR>
「青森の春は弘前公園に限るよ」<BR>
 さて、青森編である。
 2度目の追いかける春は、のんびりいくと決めていた。
 桜という生き物の摂理を、自分たちの都合に合わせることの無意味さを山形編で痛感させられていたからだ。再開の時は4月28日、GWのさなかである。
 まず訪ねたのは、弘前公園。
 実は、この企画のはじまりは東京・上野公園からで、その時に出逢った建築関係のお花見部長が、五所川原出身の方だった。東京から春を追いかけて北上することは決めていたけれど、五所川原は候補にあがっておらず、部長の話に聞き入ってしまう。部長は「でもやっぱり、青森の春は弘前公園に限るよ。上野の桜もすごいけど、弘前は別格だな。へば!」と右手を上げた。最後の「へば!」は「さよなら」という意味らしく、話はもういいでしょ、そろそろ飲ませてよということらしかった。
 へば、弘前公園へ。
 同公園内には2600本もの桜があり、100年を超すソメイヨシノが約400本もある。1882年に植栽された「日本最古のソメイヨシノ」を筆頭に、この品種の古木がたくさん残っているのが弘前公園の特長だ。ちなみに、「へば!」には、「そうすれば」的な意味合いも含まれるので、「へば、弘前公園へ」は文法的には間違ってはいないらしい。
 それにしてもなぜ、急に桜&津軽弁のまめ知識が増えたのかと言うと、同公園の桜守である橋場真紀子さんがガイドしてくれたからだ。橋場さんは樹木医の資格を持っており、弘前市公園緑地課の職員でもある。
 地元の言葉で語る橋場さんの話はいちいちおもしろかったが、とくに印象深かったことがふたつある。
 ひとつは、ソメイヨシノが弱くて強い品種だということ。剪定箇所から腐りやすい点や病気には弱いけれど、腐ったところに不定根という新たな組織を伸ばして生きようとする強さもある。弱くて強い。だからソメイヨシノは美しいのかもしれない。  
 もうひとつ強く心に残ったのは、橋場さんの仕事観。
「毎年立派な花を咲かせることが大切だと思っているんです。津軽地方の方であれば一度はこの公園を訪れてくださって、なにかしらの思い出をみなさんがお持ちなんですね。昨年だったかな。高齢のおばあちゃんがふらふら歩いていたもんでね。大丈夫ですかと声をかけたら、最古のソメイヨシノがどうしても見たいって。旦那さんがなくなってね。それまで一緒に見てたからひとりでもやっぱりって。ここには約2600本の桜があるんですけど、誰がどの桜を自分の桜だと思っているのかわからない。手が抜けないです。でも、だからこそね、毎年毎年必ず立派な花を咲かせれば、みんなの思い出もつながっていくのかなぁと非常に思うんですよ」
 旅のスピードをゆるめたのが功を奏したのか、青森という県そのものと相性がよかったのか。青森編は順調だった。日本海キャンプも、五所川原の鉄道から見た桜や生で聞いた津軽三味線の音色も、世界遺産白神山地の残雪トレッキングや南部町という小さな町の春祭りも、本州最北端の「マグロ丼」を目指した帰り道でなかなかガソリンスタンドが見つからずガス欠寸前だったことも、すべてが名場面として心に刻み込まれた。
 旅が終わり東京に戻ると、久しぶりに父親へ電話をかけてみた。
 あの県営住宅B棟の公園に桜の木を植えた理由が気になったからだ。
「桜? 誰が?」
 驚くべきことに、桜を植えたことなど、父の記憶から消されていた。しかも、春や桜もとくに好きなわけじゃなく、語るべき思い出も別にないと言う。春もドラマチックなエピソードも、追いかけると逃げていくのかもしれない。
 あきらめて母に代わってもらうと、この春、父が表彰されたことを自分のことのように喜んでいた。ボランティアで陸上の審判を長年続けてきたことが認められたのだと言う。
 表彰状とともに贈られてきた副賞は、桜を型どったバッチだったそうだ。


その他の記事を見る
    ストーブ列車と津軽の旅。SPECIAL MOVIE 同時掲載!
    春を追いかけて。
(完全版)
    2017年末SPECIAL
アウトドアと旅。
    秋雨キャンプ、いとをかし。

more