home > 月刊LOGOS > vol.93 ここ掘れ!石川、秋キャンプ
月刊LOGOS
月刊LOGOS
7回目の秋キャンプは、北陸の台所「近江町市場」が有名な石川県です。カニやのど黒など、おいしい海鮮が頭のなかを泳ぎ始めますが、今回は海ではなく「山のもの」を求めてきました。「ここ掘れワンワン!」なんて犬からは指示されませんでしたが、野菜を掘って、犬と遊んで、キャンピングカーも登場したり。いい季節に、豊かな土地で、素敵な時間をすごす。スローライフな秋キャンプの様子を、どうぞ!
撮影/関 暁  取材・文/竹内順平(BambooCut)

石川県ならではの「山のもの」を集めるべく、編集部は気持ちよい風にあたりながら、金沢駅から車で約30分のかほく市に向かいました。途中、貴重な収穫体験で腰を痛めそうになりながら、自然を体全体で味わい、収穫した食材を分けていただく、なんともぜいたくな1日目です!

金沢駅から車で約1時間のところにある「瀬波川キャンプ場」にお邪魔します。近くには温泉もたくさんある人気スポットです。

取材は11月上旬でした。日中はアウター1枚でも十分。運動すれば半袖でもOKで、とてもすごしやすかったです!

明日のゲスト家族のために食材を調達しに行きます! が、これはいったい? 枯れた草が何本も田んぼから……。

答えはレンコンでございます。人生初のレンコン掘りを体験できるとは! まるで温泉につかるように田んぼの中へ。

ホースで泥をかきわけながら収穫するのがレンコンスタイル。水圧が強力で体勢をキープするのがやっとです。

まるで思い通りにいきません。レンコンを探すことはもちろん、1歩前に進むことさえも一苦労です。

採ったどー! ですが、正直に言います。レンコンをナメてました。こんなに体力勝負とは。農家さんはすごいです。

田んぼの広さは1.5町(15,000㎡)。夫婦ふたりで栽培から収穫までされていると聞き、アゴが15cm落下しました。

最高の加賀レンコンをいただきました!  自分の手で収穫すると愛情が溢れてしょうがないです。早く食べたい!

お次はさつまいもです。小学生ぶりの芋掘りに大興奮! 土の中には4品種もの芋たちが育っています。

そのなかの「兼六」という品種を掘らせていただきました。安納芋のようなねっとり系です。小ぶりで形もかわいい!

車で移動していると、まわりは畑だらけなのに、ぽつんとソフトクリームの看板が。すっごく気になる〜。

地元の野菜や洋菓子を販売しているショップ&カフェ「POCO a POCO」の看板でした! 

おっ! さきほど掘らせていただいた広瀬農園さんのさつまいもも店頭に並んでいます。

ケガしていた鳩を治療してあげたら、店頭に住み着いてしまったんだとか。番犬ならぬ、番鳥のポーちゃん!

店先の花壇にはカエルの姿も。このお店、どうやら人間だけでなく、動物にも愛されているようです。

店長が育てる鶏のたまごとしぼりたての牛乳で作ったプリン。油分が多く、自然と2層になるのが特徴。濃厚さに惚れました。

「人間は好きじゃないけど動物は好き(笑)」という店長から例のたまごをわけていただけることに!

約40羽を放し飼いにしても逃亡することはなく、いまの環境が最高なのと言わんばかりにのびのびと暮らしています。

コケッ(こらっ)! 色はたしかに緑だけれども、これは草じゃなくて長靴だよ! 突っ突くなー! やめてくれー!

大事に産んでくれたたまご、ありがたくいただきます。ありがとう。明日振る舞う家族の笑顔が目に浮かびます。

キャンプ場に戻ると真っ暗。腹ごしらえに焼き鳥……ではなく焼き豚です! ビールとの相性はそりゃあもう最高でした。

新製品の「炭火もも焼き器」は宮崎のもも焼きはもちろん、銀杏を楽しむのにもピッタリですよ!

翌日の朝、スカッとした気持ちいい空気と、遠慮なく挨拶してくる太陽の光が。さぁ、キャンプをEnjoyするぞ!

最高の食材を手に入れてしまったら、もうなにも言うことはありませんよね。食欲の秋。むずかしいことは考えず、ひたすら煮て、ひたすら焼いて、口いっぱいに頬張るのみです! ご当地料理も用意しながら、地元のロゴサーファミリーを招いて、一緒に秋キャンプをEnjoyしました!

今回お招きしたのは、ロゴスショップ石川店で出会ったロゴサー! 石川県にお住まいの浜崎ファミリーです! 

一緒に来てくれたのは浜崎ファミリーのイタリアングレイハウンド。左から「アール」「テン」「メアリー」です。

4歳の公太くんはサイドオーニングの出し方を覚えていて、難なくキャンピングカーの準備のお手伝い。かっこいい!

オシャレ&便利な飾り付け! ちなみに平日は駐車場において仕事場として利用するのだとか。これまたオシャレ!

新製品の「グランベーシック エアマジック リビングハウス」を建ててみてもらいました。ポンプで空気を入れるだけです!

公太くんの好奇心と自分でなんでも挑戦する姿勢は、大人顔負けのエネルギーがありました。いい表情してるなぁ。

お母さんと絵本タイム。ページをめくるときに「出ておいで〜!」と呼びかける姿がなんとも可愛らしかったです。

紅葉はまだまだでも、超絶気持ちいいお散歩コースです。登山目当てのお客さんもたくさんいました!

そろそろお腹もすいてきましたし、お昼にしましょう! まずは石川のソウルフード「とり野菜鍋」を。

くぅ〜、おいしそう! ちなみに、肝心の北陸名物「くるまふ」を入れ忘れたことに完食後気がつきました(笑)。

さすがにお腹が空きすぎた公太くん。待ちきれないのか、積極的に料理のお手伝いをしてくれました(笑)。

メインディッシュ!? ひと節で売っているのはよく見ますが、1本丸々は重さも見応えも規格外です!

「スキュアマスター」にまるごとブスっ! ちなみにロゴス社内の一部では「エコココロゴス」をレンコンと呼びます(笑)。

その時、公太が動き出した! 真昼間にランタン持って探検だ! 「カブトムシの幼虫はどこだ〜?」。

続いて「焼き芋やりたい!」と、昨日掘った兼六芋を持ってきてくれました。大好物なんだよね! やろうやろう!

焼きそばシート」にくるんで、火の中に直接投入! シートが燃えることはありません。こりゃ意外と便利。

こちら、実は買い忘れが前日に発覚し、ネットで注文しました。すると、キャンプ場に翌日到着。すごい時代です(笑)。

今日も「炭火もも焼き器」が大活躍! コーンが弾けるたびに公太くんの笑顔も弾けます!

本当に仲のいい家族! その秘訣はキャンピングカーにあるんだとか。それについては取材後記をご覧ください。

あら〜。なんと、こんなに大きな鼻ちょうちんは見たことがありません。まさか、石川の森には巨大なおじさんが?

そんなバカな! 正解はシャボン玉! さて、この巨大シャボン玉をどうやって作っているのかといいますと……。

編集部寺園が踊り子のように木と糸を巧みに操って作っております! 隣りのテントの女の子までもがシャボン玉の虜に!

そうこうしているうちに焼き芋の完成! 湿らせたキッチンペーパーで巻いてから焼くのがおいしく焼くコツです。

おいしそうに食べるね〜! 焼きたてほやほやの味はいかがかな? もちろん「おいしい〜!」をいただきました。

焼き芋と一緒に焼きレンコンにも挑戦してみたのですが……。もうね、何個でも食べれちゃうほど絶品なんざんす! 

この夢中に頬張る姿を見て、家族はもちろん、編集部も幸せでいっぱいです。それにしてもたくさん食べるね〜!

あっという間に日が落ち始めました。新製品の囲炉裏系コーデのセットアップがとってもムーディー。

寒くなって来たのでホットワインを。「しみる〜」とちひろさんがボソっとつぶやいたのが印象的でした。

お子ちゃまの公太くんはぶどうジュースをたしなみます! 「割れないワイングラス」が似合ってる〜!

晩ご飯は金沢おでんをつくります。県民でも「試したことないな」と驚いた、レンコン入りです(笑)。

公太くんも「しみる〜」と言いながら笑顔で完食。両親の言葉というのは子供にも移っちゃうんですね(笑)。

この子たち、雑誌のモデルで撮影されるほど美男美女なのです。今日は朝からありがとうね!

さぁ、シメのたまごかけごはん! 今日一日の疲れをすべて忘れさせてくれる恵みのおいしさでございました。

キャンピングカーの中で寝る支度。川の字になるにはすこし狭いけれど、だからこその距離感がいいですよね。

22時。まわりは消灯し、大自然のプラネタリウムはまぶしすぎるほどでした。今日も一日お疲れ様です。

翌朝、「おはよー!」と元気な公太くんの声。「さすがに疲れてない?」と聞いても「全然大丈夫!」。

LOGOS ホットサンドパン」はご自宅でもコンロで作っているそうで、焦げ跡の使用感がとてもいい感じです!

昨日から食べてばかり(笑)。 食欲の秋をおもいっきり満喫できた、とっても楽しい秋キャンプでした!

なんだか豊かで、気持ちの良い、スローライフな秋キャンプ。これにて終了。石川が大好きになりました!

取材後記
「好きにしていいぞ」と言われなければ。
「好きにしていいぞ」と言われなければ。  はじめて訪れた石川県。まさかそのはじめての土地でいきなりレンコン堀りをするだなんて、まったくもって予想もしていませんでした。最初はさつまいもを掘るのと同じぐらいレンコン掘りも簡単な作業だと思ってました。いやいや、とんでもない。実際は一歩一歩前に進むことさえ困難で、なおかつ水中が濁って見えないから、手探りでレンコンを見つけ出すところからはじめなくてはならないのです。
 収穫体験をさせてくださったのは農業者の広瀬敦士さん。隣りで僕がレンコンを探しているところをニコニコと見守ってくださったのですが、いっこうに僕は見つけられません。「本当にレンコンあるんですか?」と、冗談っぽく笑って聞いてみると、「どれどれ」と言いながら、ものの15秒ほどで見つけてしまいました。さすがに驚きましたよ。「絶対にそこ探したよ!」という場所で見つけちゃうんですもん。僕もムキになって探し続けましたがなかなか見つけることはできず。すると、「最初はみんなこうだから」と、広瀬さんはそう言って僕をなぐさめてくれました。
 広瀬さんは18年前から農業をはじめました。その頃はさつまいもやスイカ、トマト、ナスなど、多種多様なラインナップを栽培していながらも、レンコンの栽培はまだしていなかったそうです。しかし、どの野菜もなかなか稼ぎにつなげることが難しいと悩んでいた頃(農業をはじめてから10年後)、いよいよレンコンの栽培を始めます。石川のレンコンは産地としても有名で、稼げる希望があったからです。
 レンコンは最初の「種」になるレンコンを手に入れ、あとは上手に育てることさえできれば、半永久的に最初の種だけで毎年繰り返し栽培をしていくことができます。が、その種を買うための大きなお金が必要です。そんな時、広瀬さんは「先輩に恵まれた」と言います。
 その先輩はレンコンの栽培方法を教えてくれた上に、「ここにあるレンコンの種、好きにしていいぞ」そう言って種を無償でわけてくれたのです。そのおかげで、広瀬さんはレンコンの栽培に少ないリスクで踏み切ることができました。
 この話を聞いた時、とても不思議でした。レンコンが名産品の同じ土地の人にノウハウを教えるというのは、ライバルを増やすということです。ましてや種をわけるだなんて、人が良すぎるとしか思えません。
 しかし、きっとそうやって農業は現代まで歩んできたのではないか。損得じゃなくて、「気持ち」で一瞬一瞬を判断してきたのかもしれない。
 僕がそんなことを考えたのは、今回の秋キャンプで「気持ち」を節々に感じたからでした。広瀬さんは「レンコンとさつまいものお金はいらないよ」と、快くわけてくださいました。ロゴサーの浜崎ファミリーは僕らの撮影に全面協力してくださいましたし、とても驚いたのはキャンプ場にプライベートで来ていたまわりのキャンパーが、「車はどこにおいたら撮影の邪魔にならない?」とか、「向こうに猿がいたよ!」って写真映えするものをわざわざ教えにきてくれたりとか、どこぞのものかもわからない僕らの撮影に、ものすごく協力的な振る舞いをしてくださったことです。その「気持ち」が「豊かさ」となって、金沢駅からキャンプ場にいたるまで、空気となって流れているように感じられました。
忍法「思い立ったら即行動」。
忍法「思い立ったら即行動」。  僕はキャンピングカーを見るのも生まれてはじめてでした。とても高価なものですし、きっと道楽で購入されたんだろうと最初は思っていたのですが、浜崎泰彦さんにお聞きした理由は、僕の想像とは大きく違っていました。
 浜崎さんの息子さんである公太くんが生まれた時、浜崎さんは57歳でした。「自分の息子と元気いっぱいに健康で一緒にいられる時間は長くて15年だろう」そう考えていた浜崎さんは九州でたまたまキャンピングカーを目撃しました。キャンピングカーを購入すれば、公太くんとどこか旅に行く機会も増えたり、移動時間や寝泊りも濃密な時間になると考え、キャンピングカーの購入を奥様のちひろさんに相談しました。もちろん、ちひろさんもそう簡単にはうなずきませんでした。相談を重ねた結果、決め手はなんと「避難場所にもなるから」。
 東日本大震災のニュースを見た時のことを思い出して、「もし自分たちにも同じことが起こってしまったら、いったい私たち家族はどうなるんだろう?」と、ちひろさんは想像をしました。公太くんのこと。そして一緒に暮らす3匹のわんちゃんのこと。それを考えたら、キャンピングカーが家族みんなが集まって暮らせる場所になるならば、良い避難場所にもなるのではないかと考えたのです。キャンピングカーの購入を家族で決意し、泰彦さんはすぐに神奈川のお店に足を運び、その場で購入したそうです。
 浜崎ファミリーの特徴は、思い立ったら即行動することです。息子の公太くんは如実にその好奇心と行動力を我々編集部に見せつけてくれましたが、やっぱりお父さんはさらにすごかった。浜崎さんの忍法「思い立ったら即行動」は常人にはなかなかできるものではありませんでした。
 公太くんのために兵庫にある「おもちゃ王国」へ石川からキャンピングカーで遊びに行ったときのことです。兵庫でひとしきり遊んだ後、「せっかくここまできたんだから!」と、神戸、淡路島へと移動。すると、「せっかくここまで来たんだから!」と、高知へ移動。またしても「せっかくここまで来たんだから!」と、岡山へ移動。その後、「せっかく」が続きに続いて、神奈川・横浜・長野まで行き、気がつけば7泊8日の旅になっていたそうです。
 今回の秋キャンプ、ハプニングもアクシデントもとくになかったのですが、浜崎ファミリーはものすごく淡々と、飽きることなく、1分1秒を大切に「家族」で楽しんでいるようでした。その様子は「せっかくきたんだから!」に似ている考え方なのだと感じられました。
ここも、石川。
ここも、石川。  秋キャンプの最終日、撤収を早めに終わらせて、新幹線に乗るまでの時間が少し空いたので、金沢観光をしました。近江町市場や金沢21世紀美術館など、短い時間でしたが、できるだけ早足で楽しみました。金沢の街を歩いていると、愉快に目に飛び込んでくる広告が数カ所にありました。それは、いろんな金沢の場所で子供が写真に写っていて、「ここも、金沢」というキャッチコピーが書いてあるものです。
 僕はうまれてはじめての金沢だったので、思いっきり海鮮のイメージしかありませんでした。もちろんそのイメージもハズレではないのでしょうけれど、レンコン掘りやさつまいも、養鶏所、広い道路のまわりに並ぶ木々や田んぼ。そして、山。そのすべてに「豊かな」という言葉が似合いました。広告に写っているのが「子供」というのもなにか豊かさを感じましたし、いろんな気持ちが込められているように思いました。
 その「豊かな」の一番代表的だと思ったのが「カニ面」です。「おいおい! ここまで引っ張って結局は海鮮かよ!」というツッコミはお許しください(笑)。
 カニ面とは、カニの身を一度殻からすべて綺麗に取り出し、もう一度カニの甲羅に戻し、それから蒸して、さらに煮る、というおでんのネタなんだそうです。はい。お察しの通り、僕は今回食べることはできませんでした。食べた方から聞いた話です。悔しくて悔しくていまでも震えます。
 でも、それを聞いた時、なんて日本人らしい親切な料理なんだと思いました。味ももちろん想像しただけでおいしそうですが、なにより殻から身を取るという「日本三大めんどくさいランキング」なんてものがあったらランクインしてきそうな作業を、代わりにやってあげて、そして喜んでもらおうという料理。素晴らしいじゃないですか!
 もしも、仮に僕が料理長だとします。もちろん料理はできませんが、料理長だとしてください! そして、仮に部下がいたとします。ある日、部下から突然カニ面という料理を提案された日には、「そんなの一匹一匹やってられっかぃ! めんどくさいからそれはお客さんにやってもらえぃ!」と突っぱねることでしょう。
 それは、きっと僕にサービス精神が足りないからなのだと思います。でも、サービス精神って、精神面や、体力面、財力面だったりと、いろんな要素からの「豊かさ」から生まれるものだと思います。
 そして、今回参加してくれた浜崎ファミリーには、その「豊かさ」が元々あったのかもしれません。けれど、少なからず、「キャンプ」を通して育んでいるようにも感じられたのです。
 それでは、最後になりますが、ここで大好きになった石川での秋キャンプを思いながら、一句読んでお開きとさせていただきます。
「レンコンの 穴から覗く 石川県 どの穴見ても カニ面の後悔」
 おあとがよろしいようで。来年の秋キャンプでは、どんな家族に会えるのか。いまから楽しみでなりません。


その他の記事を見る
    ここ掘れ!石川、秋キャンプ
    TAMORI CUP 横浜2018
    2019 THE LOGOS SHOW
宣伝部長大集合
    WEB版 ぐるぐる富士山

more