home > 月刊LOGOS > vol.79 TAMORI CUP横浜2017
月刊LOGOS TAMORI CUP横浜2017
  • TOP
  • いざ、海へ!
  • いざ、肉へ!
  • Special interview
  • 夕暮れ時。朝の集合時間から10時間がたちました。さぁ、これから参加者の疲れを癒す、もうひとつの醍醐味がはじまります!
  • 会場の入口にはお肉を待ち切れない人たちの長蛇の列! 今回も参加者は2000人超えです!
  • ヨットの上で待つ人も。うわぁ、気持ち良さそう。特等席で眠る快感は計り知れません。でも、遅刻しないでくださいね!
  • つ、ついに、その時がきました。開場です! 一気に会場が人で溢れていきます。ビールや料理をゲットしに走る人も!
  • 開場から約7分。は、はやい! もう乾杯しています! よほど我慢してたんですね(笑)。思う存分ぐびぐび飲んじゃってください!
  • さっそく食べている「ホワイトバレリーナ」のみなさん。好きな食べ物は肉!エビ!鉄火巻き!嫌いな食べ物は生野菜!(笑)
  • 会場の入り口には記念撮影ができるフォトブースも。タモリさんとパシャリ。サングラスのフォトプロップスもかわいいっす。
  • 早くもタモリさん登場! あっ、タモリさんじゃない! 実行委員会の方でした! 失礼いたしました!
  • 1番の目的はBBQだよ!と、「Dolphin」のみなさん。好きな海は?の問いに「全部!」。嫌いな海は?「男しかいない海!」。
  • 男は黙って、肉! カメラ目線ありがとうございます! あぁ、見ているだけでお腹が空いてきました…。
  • 肝心なお肉は、毎度お馴染みの米久さん!このお肉の味を説明するほうが野暮ってもの!もう、よだれが止まりません。
  • ステージにタモリさん登場。まずは前回大会のトロフィー返還式です。トロフィーのテーマは「持ちにくい形」なんだとか(笑)。
  • そして、お待ちかねのみんな一緒に「乾杯〜〜〜!」。日本一のBBQ大会を彩るのは?
  • マリンセラーズが舞台上でスイング! 美貌はもちろん、演奏も抜群です。みんなノリノリです。
  • フラダンスを披露してくれた「玉子丸」のみなさん。ヨットの練習よりもフラダンスの練習に熱が入っちゃったとか。
  • この人数でのBBQは圧巻です。さすが「日本一」の称号がつくだけのことはあります。これがまた煙の匂いがおいしいのなんの。
  • 「NORVIN Y」のみなさん。カメラを向けたら全員で手を振ってくれました。「永遠の少年少女の集まり」ですって。
  • LOGOS山形の挨拶の様子から。内田恭子さんの隣りでうれしそう。「コンロ400台持ってきましたー!」のひと言に会場は大歓声!
  • 表彰式。優勝は堂々の3連覇「LUCKY LADY [」です。完走できたチームのないクラスは優勝を抽選で決めました。
  • 待ってました! サルサバンド「オルケスタ・デ・ラ・ルス」の登場です! まるでバーゲンの時のように人が舞台前へ集まってきます!
  • なんでしょう。この動かずにはいられない気持ちのいい音楽は。そして、会場全体がひとつになっていきます。
  • なんて幸せそうなのでしょう。この音楽を聞いていると、そうしたくなる気持ち、わかります!
  • タモリカップ富山大会にも参加された「Spica」のおふたり。前回はTシャツ仕様でしたがエプロン仕様にリニューアル。
  • 大人も子供もノリノリ! BBQは家族での参加もたくさんいました。このキッズもいつか立派な船長になるのかな?
  • マリンセラーズもBBQをEnjoy! ロゴスのLポーズで決めてくれました。ありがとうございます!
  • さぁ、ライブもいよいよ終盤に。朝の集合から13時間。疲れ知らずの参加者たちです。最後まで盛り上がっていきますよー!
  • ラストの曲にタモリさんも登場! 海あり、飯あり、ライブあり。そして、タモリありの1日。会場のボルテージは最高潮に!
  • タモリさんもノリノリ! この時、取材のメモを取っている右手も、知らぬ間にリズムを刻んでいました。
  • 「オルケスタ・デ・ラ・ルス」をはじめて聞いた人はきっと虜になってしまったことでしょう。なぜなら、僕がそうだからです。
  • 「来年も成功させましょう!」とのタモリさんのひと言で、Enjoy1日は終了。「日本一」のBBQは最高にアツかったです!
その他の記事を見る
    生まれて
はじめてのひとりキャンプ
    かごしま 茶飯事
    雨と家族と。GOOUT JAMBOREE 2018
    ご当地BBQ@愛知

more