home > 店舗情報 > ロゴスショップ 港北店

【徹底解説】グランベーシックシリーズ! 

2017.02.12 18:59


こんにちは。おざわです。

今年から満を持して発表されたロゴスの新シリーズ「グランベーシックシリーズ」ですが入荷早々、各店で売り切れが続出するほどの人気で、発売前から多数のお問い合わせをいただいておりました。

このシリーズの特にテントやタープの魅力は見た目の美しさが、まず上げられると思いますが、それだけじゃない機能性や付加価値について、おざわなりに解説してみようと思います。


◎「かわいい」も「かっこいい」も両道できるデザイン

ロゴスを問わず今年は各メーカーがベージュやアイボリーといった白を基調とした今までにない新色の新作テントを続々と発表しています。
それらにみえる狙いとして、見た目の「かわいい」と「かっこいい」が両道できるデザインにある事だと考えています。

以前まで「かっこいい」デザインのテントやタープが多く、どちらかというと男性向けのシックなデザインが多かったと思います。
そこにロゴスは「親しみやすいデザイン」というコンセプトのもと、チェックやナバホ柄、ポップなデザインを取り入れて、特に女性層やファミリーユーザにご支持をいただいてきました。

それが今年になって、ベージュやアイボリーにみられる白を基調としたデザインのラインナップを追加することで、「かわいい」を目指す女性にも、「かっこいい」を目指す男性にも、どちらの好みにも即した全く新しいデザインと考え方が加わったと思います。

LINK グランベーシック トンネルドーム XL-AG



◎シートは今までにない「難燃性15Dポリエステル“オックスフォード”」の採用!

「オックス」といえばロゴスではレジャーシートに最適な「オックス防水シート」のシリーズがあります。
生地が非常に厚く丈夫で、少しぐらいの砂利ならフラットにリカバリしてくれます。

このオックスフォードとは、そもそも何やねん?って感じですが、簡単に言うと糸をいっぱい使って織り込んだ生地のことをいいます。
通常なら縦横1本ずつの糸を平織にして構成される生地を、オックスフォードは複数本の糸を使って織る「斜子織り(ななこおり)」で構成されています。

厚みがあり、少しゴワゴワとした質感は、コットン幕を思わせるような質感で風合いがあるのも個人的にはオススメの一つです。

LINK オックス防水シート・ピクニック



◎フレームはジュラルミンの最高峰「7075超々ジュラルミン」!

ロゴスではプレミアムシリーズの登場から、フレームに7075超々ジュラルミンという高強度で軽量な素材を採用することで、かつてないほどの強靭な耐久性を実現してきました。

「ジュラルミン」と偏に言えども、
A2017 - ジュラルミン
A2024 - 超ジュラルミン
A7075 - 超々ジュラルミン
と強度に応じたレパートリーがあり、その中で7075は最高峰のジュラルミンです。
かつては零戦に使用され、現在では旅客機や高速鉄道の車両にも採用されています。
そんな素材をテントに使うとは!なんだか贅沢ですね(@_@;)

LINK 素材について

◎フレームはたった3本!シンプルな構造で設営もスピーディー

一般的なドーム型テントにみられる2本のフレームをクロスした構造と異なるため、フレームの数を大幅に減らし、全体重量も14.7sと2ルームテントの割には非常に軽量です。

設営は3本のフレームをジョイントしたら、張りを持たせながらペグダウンするだけなので、めちゃめちゃ楽ちん。

ジュラルミンのフレームを使用していると、原価の関係でテントの値段が高額になってしまうのが常でしたが、フレームが少ないトンネルドームは、¥83,000(税別)という手頃な価格を実現しています。

3本だけなの?!って思ってしまうかもしれませんが、太く丈夫なため安心感があり、設営した際に壁面が立ち上がるような構造なのでテント内のデッドスペースを最小限に留めてくれます。
身長の高い方でも快適に過ごすことができると思います。
…と、まあ、書きたいことを書き連ねてしまったのですが、美しいデザインの奥に隠された、本質的な付加価値を少しはご紹介することができたのではないでしょうか!

今年からキャンプを始めてみたいというお客様も、テントの買い替えをご検討のお客様も、ぜひぜひオススメの一幕です!

その他にも疑問質問ございましたら、ぜひ一度港北店へお越しください。
お待ちしております^^
一緒に働いていただけるロゴスマン(男女)を募集しています!
back
2017.02.12
next